ニュースリリース

【お知らせ】ドイツのパワーエレクトロニクス展示会PCIM Europe 2018に出展

弊社は、2018年6月5日(火)~6月7日(木)までの3日間、ドイツ・ニュルンベルクで開催されるパワーエレクトロニクスの展示会「PCIM Europe 2018」(Power Conversion Intelligent Motion 2018)に出展します。
弊社ブースでは、電動自動車向けソリューションとして、パワーエレクトロニクス製品を展示し、最先端技術をご紹介します。

皆様のご訪問を心よりお待ちしております。

展示会名: PCIM Europe 2018(Power Conversion Intelligent Motion 2018)

会期       :2018年6月5日(火)~6月7日(木)

場所        : Exhibition Centre Nuremberg, Messeplatz 1, 90471 Nuremberg, Germany

URL        : https://www.mesago.de/en/PCIM/

【出展品】
・車載充電器 (3.3 kW)
 弊社開発のパワーモジュールや水冷構造を採用した、電力容量3.3kwの車載充電器です。

・電力回生用DCDCコンバータ (1.2 kW)
 自然空冷でエンジンルーム内に搭載が可能です。回生電圧の24 Vから補機用の12Vに降圧します。

・車載補機用 絶縁双方向電力変換器 (1.8 kW)
 EV駆動用の高圧電池から補機用の12 Vに変換する補機用電力変換器(DCDCコンバータ)です。弊社の絶縁双方向技 術と次世代パワー半導体の炭化ケイ素 (SiC)を使用し、補機用電力変換器を双方向化しました。これにより、高圧電池への突入電流を低減可能で、高圧電池の劣化を防止できます。

・超小型・軽量 絶縁双方向電力変換器 (1 kW)
 次世代パワー半導体の窒化ガリウム(GaN)を使用し、高周波スイッチング技術を採用することで、超小型・軽量化を実現した弊社独自の最先端技術です。
 絶縁で双方向動作が可能なことに加え、電力密度17.2 kW/Lを実現したことで、スマートグリッドやV2H(Vehicle-to-Home)システムの小型、軽量化に貢献いたします。

【関連情報】
プレスリリース:「超小型・軽量」絶縁双方向電力変換器を開発

※2017年4月10日に創業80年を迎えました。