品質保証
 

品質基本方針
上記をクリックされますと品質基本方針のページをご覧いただけます。

「品質基本方針」の運用に当たり

弊社社長の小野が策定した「品質基本方針」を受け、品質保証の責任者として以下の3点を目的達成の要点として理解し、グループ全社員への共通理解と遂行を促し、皆で、品質向上に常に挑戦し続けて参ります。

お客様がご要望される品質を第一とすることに挙社体制で徹すること。
品質とは、全ての仕事(開発・製造・サービス等)の質を対象とし、厳しい競争環境のもとで、エンドユーザーのお客様に商品をお届けになっておられる製造業のお客様品質に弊社品質が貢献すること。
お客様品質への貢献を通じて、お客様の製品をご利用される世界中の人々への貢献を果たし続けること。

ここに、弊社に関わる全てのステークホルダーの方々に対して、弊社「品質基本方針」の公開と併せ、全社員を代表して、徹底遂行を宣言し、お約束いたします。

執行役員 品質保証本部長
阿部 賢一郎

 

ダイヤモンド電機では、TQC、TQM、さらにはTPMを導入することにより、高い品質と確かな納期をお約束します。カーエレクトロニクスはもちろん、ホームエレクトロニクスにおいても、優れた品質管理を実現しています。徹底してクオリティを守る。生産現場の無駄を省く。全社員が品質を意識して業務を推進する。ダイヤモンド電機の品質創造に限りはありません。

開発段階からの品質保証体制

ダイヤモンド電機は、製品の企画、ハード・ソフト設計、評価、製品化に至るまでの全てのプロセスを一貫管理で行い高品質を保証します。技術的立場からシュミレーション、信頼性試験、DRの実施など総合的な評価技術を確立。高品質を確実なものにするために、万全の手段を講じています。

 

 

TQCからTQMへ。さらにはTPMも導入

TQCからTQMへ

全社的品質管理TQCから、お客様や従業員の満足、社会貢献を含めた全員参加の組織的経営活動TQMへ発展させ、さらに生産システム効率化の極限追求を実現できる企業体質を目指し、TPMを導入。生産に携わる者が自ら設備の管理を行うことで、より効率的な生産ラインとすることを可能としています。

世界が認める品質は、日々創られる

品質保持の両輪、QCサークル&3・3運動。

全社員の参画による全社QCサークル発表大会(年2回、内1回は全拠点を集めてのグローバル大会開催)を実施するほか、全日本選抜QCサークル大会をはじめ社外QCサークル発表大会にも積極的に参加し、多くの賞を獲得しています。また、すべての部門が管理職の改善活動である3・3運動も展開。現場レベルでの価値ある改善活動が実施されています。

あらゆるロスを未然に防止する仕組み

保全

災害ゼロ・不良ゼロ・故障ゼロなど、あらゆるロスを未然に防止する仕組み。
ダイヤモンド電機は、それを構築しています。

生産担当者が、自ら担当する機械の保全をはかることにより、意識改革を実現。災害や故障などの低減と共に、品質に対する真摯な姿勢と日々の地道な努力により、生産効率・コストダウンにも大きな成果を上げています。