5つのコア技術

高圧発生技術

地球温暖化対策、石油資源枯渇問題への対応が急務となっている現在、自動車においては、燃費向上・出力向上・低公害化への対応が不可欠となっており、エンジンのキーパーツの一つである点火コイルは、燃料への点火に必要なエネルギーを確保しながら極限までの製品の小型化が求められております。当社は長年に亘り蓄積した高電圧発生・絶縁技術を用い、高温・高振動等の過酷なエンジンルーム内で気筒ごとに設置される小型・高出力・耐久性に優れかつ低価格の点火コイルを開発し、自動車メーカーの環境対策の一翼を担っております。

また、高電圧発生技術を応用して、一般家庭用石油給湯器・石油ファンヒーター等着火用イグナイターを生産するとともに、高圧によって発生する静電気やマイナスイオン、オゾンを利用した一般家庭用空気清浄機、マイナスイオン発生器、脱臭装置、に利用される高効率の高圧電源の供給も行っております。

ハイブリッドIC・パワーモジュール技術

ハイブリッドIC・パワーモジュールは、お客様のニーズに柔軟に対応し、あらゆるモジュール化に取り組んでおります。製品の小型化は半導体をベアチップで搭載するCOB技術無くして追求することは不可能であり、長年この技術革新を追求してまいりました。また、自動車用ハイブリッドIC、パワーモジュールで培った高い信頼性技術を生かし、自動車用に限らず家庭用にも超小型、高品質かつ高信頼性の製品を提供しております。

燃焼制御技術

一般家庭では、より安全で快適な製品が求められています。当社では、燃料への着火を効率良く行うとともに、家庭用石油ファンヒーターの安全性確保のためのフレームロッド方式による燃焼検知を始め、石油給湯器等の安全燃焼制御を行っております。

また、この技術を自動車用エンジンの燃焼制御に応用し、燃焼イオン検出による気筒別エンジン燃焼制御を行っております。これは、点火プラグをセンサーとして燃焼時に発生するイオン電流を測定することによりシリンダー内の燃焼状態を正確に検出し、新たなセンサーを設置することなく点火・燃料噴射等を制御するシステムで、自動車の燃費改善・出力向上・排気ガス低減に大きく寄与しております。

電力・モーター制御技術

家庭用エアコンインバーター制御技術をベースに、各種モーターの高効率制御に取り組んでおります。欧州向けエアコンについては、高調波電流規制対応のアクティブフィルターを搭載した単相交流・三相交流電源タイプの製品を供給しております。単相交流対応機種においては、主要部品であるインバーターモジュール部品に制御部品を内蔵した、画期的なモジュールも提供しております。

電力関連では、従来より家庭用トイレタリー製品の電源、EV用ACDC充電器、最近ではモーター制御技術と融合させた系統連系パワーコンディショナーの開発・供給にも取り組み、さらなる地球環境へ配慮した製品作りに取り組んでおります。

計測・解析・材料技術

自動車用点火コイルの製造技術を応用した位置・回転検出センサーの供給、燃焼制御用のイオン電流検知による燃焼検出等固有の要素技術・計測技術のシステム化・インテリジェント化を推進することにより、安全・環境面に寄与しております。

製品開発に当たっては、事前のFEM解析・回路シミュレーションを通して、開発工数低減・試作回数低減・的確な材料選定を行うことにより、安価で高信頼性の製品を短期間で提供することを可能にしております。さらに製品の品質を保証するため、精密研磨観察・元素分析などによる疲労解析を自社内にて実施できる環境を整えております。また、2010年より自社内に電磁放射ノイズを測定出来るサイトを配備し、開発スピード向上を図っております。