社員インタビュー(中島 里暢)
INTERVIEW
社員インタビュー

営業本部                
中島 里暢 自動車機器営業1部 1課/入社年次:2004年
                                             

学生時代にステーションワゴンを購入し、カーライフの重要性を実感。何かしら自動車関係に携われる仕事に就きたいと思い就職活動をする中で、ダイヤモンド電機と出会い、面接官の人柄に惚れ、入社させて頂く事となりました。

営業職だけに1番のやりがいは、「新規テーマの受注」です。受注決定の瞬間は特に「営業って面白いなぁ」と感じます。

海外の御客様や当社のグローバル拠点とのやりとりを通じて、言葉や文化の壁、商談の難しさを痛感しました。そういった経験を積み重ねる事より、「目先しか見えていなかった考え方 → 市場のニーズや外部環境等々より、幅広い目線で物事を考える」に自分自身が変革した事です。

当社の根幹技術である点火技術やINV技術をキーに、グローバルNo.1の専門メーカーになる事です。